FC2ブログ

続・障害76



診察の翌日、学校に連絡を入れ
次回の診察まで休ませることを伝えたが
プリントだけ取りに来てほしいということで
プリントを取りに学校に行き、あらためて話す


翌週、学校どころじゃない事件が
実家絡みで起き、次女の症状の悪化
だけではなく、長女や俺にも
症状が出るほどの事態に陥る


そのまま週末を迎え
今年37回目の45回目の診察
この日は予約が午後で
長女がテストで帰りが早かったのも重なり
長女も連れて病院に行く


最初に次女が一人で診察室に入るのは
変わらないが、その後、長女と俺も入り
事件の経過を説明した
心理士の先生は俺の表情や対応を見て
俺も相当まいっていると思ったようで
「次女の休養と治療の継続はもちろんですが
お父さんもカウンセリングを受けたほうがいいと思います」
と言われた


実際、もういろいろなことを考えるのも嫌になり
これを書いている今も、うまく説明を書けない
状態なので、俺自身もかなりの負担が
のしかかっている状態なのだと思う


俺は、カウンセリングを受けることも
考えながら生活しますと答えたが
正直、受けたところで何も解決しないのに
受けるだけムダだろうなとぼんやりと思っていた


この日は、足りなくなった薬を追加してもらい
次回の予約を取り、診察を終える



スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://sanmarcoevan.blog.fc2.com/tb.php/76-91696ee4