FC2ブログ

続・障害75



診察の翌日、次女は
なんとか給食だけ学校に行き
給食当番もがんばってこなし、割烹着を持ち帰る
翌週、洗濯した割烹着を学校に
持って行かなければならないため
届けに行くが、体調がすぐれないため
届けてプリントなどをもらい帰宅
その後も体調が戻らず、休む日が続いた


そして週末
今年36回目の44回目の診察
いつも通り最初は次女が一人で診察室に入り
しばらくして俺も呼ばれ中に入った


次女は、前回同様
学校の先生に対する不信感を
心理士の先生に話していて
もう学校に行く気はないとまで言っていた


心理士の先生は、学校と市役所に
訪問学習に切り替えてほしいとの
連絡をしてくれていたのだが
俺は、前回の診察後
学校側から訪問学習の話は
全く聞いていなかったので
前回の診察から今まで
学校側からは訪問学習の話は
全く出てないんですけど
と言うと、先生も驚いて
なんででしょうね、ちょっと
学校側がやる気ないですね
そういうやる気のない対応が
次女にもいろいろ伝わって
不信感につながってしまうのに
との返答だったので
俺も、学校側が次女の回復に
協力的とは思えないと伝える


俺も前回同様
今の状態で学校に行きなさいとは言えないので
学校側が訪問の話を進めてくれるか、とりあえず
次回の診察まで休ませて様子を見たほうが
いいんじゃないかと相談すると、先生も
そうしたほうがいいですね、学校には
次回の診察までお休みしますと伝えて構いません
とのこと


この日は、足りなくなった薬を追加してもらい
次回の予約を取り、診察を終える



スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://sanmarcoevan.blog.fc2.com/tb.php/75-8c08ad8f