FC2ブログ

カニの見分け方

タラバガニってヤドカリの仲間だったんです、知ってました?



んでもって今、そのタラバガニに良く似てる、アブラガ二っていうのが
なんと、タラバガニと表示されて売られているらしい!嘘はダメだろ嘘は。
ってことで見分け方をどうぞ。



記事抜粋
タラバガニ
最もメジャーな寒海性の食用種。
茹でる前の体色は暗赤褐色ないしは濃褐色茶紫色。
ハサミの部分や歩脚の前節、指節の末端は朱黄色。
右側のハサミが巨大。
加熱すると朱赤になるが
脚の裏側の指節周囲は色が淡黄白色っぽいが赤が多い。
背中のトゲが6本。
タラバガニという名前は、タラ漁場でよく捕れたことから名づけられた。
英名はキングクラブ、あるいはレッドキングクラブ。
味も値段もさすがキングである。まさにカニ類の帝王である。



アブラガニ
形も味も最もタラバガニに近いのがアブラガニである。
外観上の違いは、甲羅がタラバガニよりも丸みを帯びていること。
やや体表、足のとげが全体に少ないこと。
茹でる前は体色が青紫色。
加熱すると朱赤になるが、足の裏側の指節末端(足先)まで白色っぽい。
背中のトゲが4本。
別名、ブルーキングクラブ、アブラタラバとも呼ばれる。
味のほうはタラバよりも若干落ちますが、価格が安く好評です。
写真で詳しく見るにはこちら
抜粋ここまで



テレビでゲストが実際に両方を食べ比べしてましたが、
アブラガニのほうがおいしいと言ってる人が多かったような・・・
ただ、値段は水揚げ量で決まるそうなので、
やはりアブラガニのほうが安く、タラバガニと銘打って
同じ値段で売ってるのはボッタクリだそうな。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
訪問者
↓ポチッとクリック↓