FC2ブログ

続・障害60



週明け
結膜炎の経過観察に眼科へ
診察の結果
目薬をちゃんとしていたので
2人とも順調に良くなってきていた
このままもう1週間目薬を続け
治療は終了とのこと


数日後
今年26回目の34回目の診察
今回は夏休みで家にいた長女と
連絡をして来ることを了承した元妻も
一緒に病院に向かう


最初は、いつものように次女だけが
診察室に入り、心理士の先生と話す
次に、今回は元妻が診察室に入った
想像はしていたが
今回は、次女一人の時より
遥かに話が長く
正確な時間を計ったわけではないが
いつもの診察の倍以上の時間が
かかったと思う


その後、元妻が診察室から出て
俺と長女が入り話した
元妻はおおむね先生の話しに
同意したと言う事だったが
時間がかかりすぎていたため
今回は、今後の
詳しい面会方法の決定までは至らず
次々回にまた元妻に来てもらい
今後の詳しい面会方法を話し合う
ことになった


この日は
足りなくなった薬を処方してもらい
次回の予約を取り、診察を終える



スポンサーサイト

テーマ : 女の子育児
ジャンル : 育児

続・障害59



夏休みも後半に入り
8月中旬
次女のメガネの使用感の確かめと
視力検査のために眼科へ
しかし、姉妹そろって少し目が充血していたので
診察、検査した結果、結膜炎と診断され
目薬での治療をすることになった


一応、次女のメガネ使用時の視力検査は
したが、今回の重点は結膜炎の治療になった


検査では感染性は陰性だったが
先生から
「陰性でしたが、この症状は感染が
ないとは言えません、念のため
次の診察までタオルは分けて使ってください
お風呂は別々で入るようにしましょう」
とのこと、この日は
目薬を処方してもらい、一週間後に
次回の予約を取り、診察を終える


その週の週末
メンタルクリニックでの
プレイセラピー6回目
今回も、久しぶりのプレイセラピーだったが
次女は楽しそうで、予定通り
時間きっちりこなして戻ってきた
今回も、学校が始まる都合で
3週間後に次回の予約を取り、診察を終える


夏休みとは言え
なかなか眠れない夜と
時折思い出したような
吐き気と嘔吐は続いている
プレイセラピーから帰った夜も
気持ち悪いと言っておとなしくなってしまい
夜ご飯もほんの少ししか食べられなかった



テーマ : 女の子育児
ジャンル : 育児

続・障害58



その後
長女から元妻に連絡してもらい
今後の子供達との面会について
心理士の先生から話があるので
月末の診察の時に
病院に来てもらえないかと伝えた
元妻は、わかりましたと了承


そして、お盆前に
今年25回目の33回目の診察
今回は夏休みで家にいた長女も
一緒に病院に向かう


いつものように、最初に次女だけが
診察室に入るが、今回も長い
元妻が病院にくることを了承したのを
喜んで伝えてたのかと思ったが
2学期の遠足のことや学校のこと
今の体調など、元妻以外のことも
いろいろ話していたようだった


今回は、次女に呼ばれた後
長女も一緒に診察室に入り
現状の話をした
嘔吐ももちろんだが
食欲が減ったこと
そして、夜なかなか眠れないことが
やはり良くないようで、眠れない時は
同じ薬をもう一つ飲むことになった


飲み方は
夕食後にいつも通り飲み
眠れない場合は夜にまた
もう一つ飲むというもの


この日は
足りなくなった分と
もう一つ飲む分の薬も処方してもらい
次回の予約を取り、診察を終える



テーマ : 女の子育児
ジャンル : 育児

続・障害57



なので、まず
第三者に入ってもらって
お母さんに話をする必要があると思います
お母さんは、今の状況や自分の立場がまだ
わかっていないんだと思うんですね


次女がここまでの症状になってしまっていることも
お母さんは、お母さんに会えて喜んでいる
比較的元気な次女しか見てないから
恐らくわかっていない
勝手な行動も
自分は母親だから当然と思っているので
もう親権者じゃないから
親権者であるお父さんに連絡をせずに
勝手な行動をしてはいけない
ということがわかっていない


正直俺は呆れてしまい
先生に聞き返してしまった
「先生、今まであれだけ症状の説明もして
病院に通ってることも伝えて
勝手な行動も控えてくれとお願いしてるのに
それでもわかってないんですか?
元妻は、幼稚園生とか小学生じゃない
もう成人してるいい歳の大人ですよ?」


先生は
「そうですね、ですが、わからない人もいます
特に家族、お父さんや娘さんが話すと
理解してくれないことが多いので
第三者が入って話したほうが理解してもらえると思います」

「お母さんをこちらに連れてきていただければ
私が話しますが、連絡して来ていただくことは可能ですか?
子供達とのこれからの面会について話をしたいという
ことを伝えて連れて来ていただければ、私が話します」
とのこと


まさか先生直々に話してくれるとは
思ってなかったので
次回の診察までに元妻と連絡をとり
病院に行ける日程を話し合うことに決めた
その際の元妻とのやり取りは
俺よりも長女のほうがスムーズだろうと
いうことで、長女に連絡をしてもらうことになった


この日は
足りなくなった薬を処方してもらい
次回の予約を取り、診察を終える



テーマ : 女の子育児
ジャンル : 育児

続・障害56



数日後
先生の夏休みの都合もあり
7月終盤に
今年24回目の32回目の診察


前日にまた嘔吐していたことや
足の小指が腫れて痛いというのもあり
次女は今回も
先生と2人で長々と話していたが
俺を呼んだ次女はなぜか
今度はパパと先生だけで話してという


どうしたのだろうと思い
診察室に入り先生に話を聞くと
この前の長女の事件の影響で
次女は、もう2度と母親に会えないと
思っていたらしく、先生に
「ママに会いたいから、最後に1回だけでもいいから
ママに会わせてと、先生からパパに言ってほしい」
と、先生に泣きながら直訴したという


俺は先生に、事件の結果と
元妻の対応、反省や状況に対する理解のなさを話し
今の状態で子供達をすぐにまた元妻に会わせたら
結果的に元妻は
「私が何をしても子供達に会える」と思い込んで
さらに調子に乗る可能性が高く
また勝手な行動に出る危険性が高いんじゃないか
そうなったら、それこそ次は本当に
警察を呼ぶことになるんじゃないかと話した


先生は
確かにその可能性は高いですね
このままだと、遅かれ早かれ
いずれはそうなるんじゃないかと思います
しかし、次女の症状を考えると
その影響でまた嘔吐の症状も出てきていますし
このままお母さんにずっと会わせないように
してしまうと、夏休みが明けても
学校に通えなくなってしまうと思います



テーマ : 女の子育児
ジャンル : 育児

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
訪問者
↓ポチッとクリック↓