FC2ブログ

続・障害24



学校に着き
生徒席の場所を確認したり
競技の進行状況などを
把握した後
同級生で仲の良い生徒を
探していると


同級生の競技が近づき
生徒たちが待機場所に
移動し始めたので
俺も次女と一緒に
待機場所に向かった


待機場所の横にネットがあったので
ネットの向こう側の木の横から
次女が友達を探していると
どこかの生徒の母親だと思うが
知らないおばさんが
横から次女を押してきた


いくら次女が小学生とはいえ
横にいるのを見えないはずがないので
木に押し付けるまではしないだろうと
思いながら見ていたら、次女がいることなど
お構いなしにどんどん押し付けてきて
次女は木に押し付けられ
体も縦にされて前も見れなくなった


他人の子供を木に押し付けて
痛い思いをさせてまで
大人が自分の行動優先するか?
誰の親だか知らないが
親の資格のないダメな母親が
ここにもまた一人



スポンサーサイト



テーマ : 女の子育児
ジャンル : 育児

続・障害23



帰宅後
学校の先生に
学校に行けるようになるのは
まだ時間がかかること
メンタルクリニックで
運動を取り入れた療法を
提案してもらったことなど
診察結果を報告する


先生はこの状況でもまだ運動会に
参加してほしかったみたいで
運動会の競技の話しをしてきたが
学校に行って競技の練習ができる
状態ではないので
参加はできませんとはっきり告げる


児童席にイスの用意はしてくれるということで
当日の状況にもよりますが
できるだけ見学には行けるように
しますと話した
次女本人も、友達の踊りが見たいと言っていた


運動会当日
やはり学校のことを考えると
負担が大きいようで
次女は朝から体調不良を訴え
行きたくないとふさぎこんでしまった


長女と一緒になんとか元気づけ
お姉ちゃんもパパも一緒だから
がんばって行くだけ行って
友達の踊り見ようと言って
学校に向かう
次女は「うん・・・」とつぶやくように言って
重い足取りながらも
なんとかついてきてくれた



テーマ : 女の子育児
ジャンル : 育児

続・障害22



受付で眼科の場所を教えてもらい
眼科へ移動
眼科受付で改めて症状を説明した後
待合でしばらく待っていると
次女の診察の順番が来た


次女と一緒に診察室に入り
眼科の先生に挨拶をしたあと
ものもらいの部分を診てもらう
次女は少し怖がっていたが
実際にものもらいの部分を
つつかれることはなく


「今は目薬を使っていると思いますが
その目薬と併用して飲み薬も使いましょう
1日1錠で、3日間飲むと継続して
1週間効果が持続するお薬を出しますので
それを飲んで、1週間後にまた診せてください」
とのこと


次女は
「つつかれると思って怖かったけど
つつかれなくて良かった
全然痛くなかった」
と言ってホッとしていた


この日は
小児科と眼科両方の薬を処方してもらい
次回の予約を取り、診察を終える



テーマ : 女の子育児
ジャンル : 育児

続・障害21



もちろん、やってもいないうちから
すべてがうまくいくとは
思っていない、ただ、続けることで
少しでも次女の症状や運動不足が
改善されていくのならば
試す価値はあると思った


先生は
「診察と運動療法とを
交互に受けるようにして
並行して進めていけると良いと思います」
とのことで
まずはそのやり方で進みましょうと決めた


この日はその後、3月下旬から続いている
右目のものもらいも再度診てもらったのだが
「これだけ長く続いてると、今の目薬だけの
治療よりも、一度ちゃんと眼科で診てもらって
治療法を決めたほうが良いと思います」
とのことなので、診察後に眼科の予約を
取るために受付に寄った


受付で事情を話し
眼科の予約状況を確認してもらうと
「眼科に確認したところ、今日このあとお時間ありましたら
診察受けられるそうですがいかがですか?」
と、即日診察可能との返事


それはなによりということで
「では受診しますので、お願いします」
とこちらも一つ返事
次女は、治療でものもらいの部分を
つつかれたりするのではないかと
ちょっと怖がっていたが
「早く診てもらったほうが早く治るよ
痛いことはされないから大丈夫」
と、受付の人も応援してくれた



テーマ : 女の子育児
ジャンル : 育児

続・障害20



そして
朝、病院に行きたがらなかった次女は
家を出る前にフラッとして一度倒れてしまい
床に膝をぶつけてしまっていたのだが
そのことも自分で先生に話したらしく


先生は
「倒れてしまうというのは新しい症状ですね
今回の、診察を拒む程の負担も考えると
症状の改善にはもう少し時間がかかりそうですね」


「前に知能テストを受けた時のメンタルクリニックの先生が
体を動かしながら元気を出してもらい
遊び感覚も含めながら症状の改善を目指す
トレーナーさんの資格も持ってるんですが
運動も兼ねてやってみませんか?」


俺は
「次女は体を動かすのは好きなので
ぜひやらせてみたいです
メンタルクリニックの先生もすごく
優しくしてくれるので、次女も
好きだって言ってますし」


「日頃の運動不足の解消にも
役立ちそうですし
症状の改善にも繋がるなら
良いことづくしですよね」



テーマ : 女の子育児
ジャンル : 育児

続・障害19



先生は、一緒に絵を描きながら
次女の気持ちを引き出し
なぜ次女が病院に行くことを
ためらっていたのか聞き出してくれた


次女は、一連の出来事の影響が大きすぎて
前回の診察の時と変わらず
学校のことを考えてしまうと
吐き気、嘔吐、情緒不安定などの
症状が悪化してしまう状態だった


しかし、もう1週間以上休んでいるため
先生に会って話したら
先生にもパパにも
「学校に行かなくてはダメだ」
と言われてしまうと
思い込んでいたらしい


症状が悪化したままの
こんな状態で学校に行けと
言われるのはすごく嫌だった
だから診察を受けたくなかった


「先生に会ったら、学校に行きなさいと言われ
先生がそう言ったら、パパも同じように
学校に行きなさいって言うと思ったから」
とのこと



テーマ : 女の子育児
ジャンル : 育児

続・障害18



やっぱりちゃんと説明できなくて
もしかしたらすぐに呼ばれるかなと
思いながら待っていると
なぜか全然呼ばれない


いつもなら数分~長くても
15分前後で呼ばれるのだが
今日は20分過ぎてもまだ呼ばれない
さすがに何かあったのかなと
心配しているとやっと呼ばれたので
診察室に入ってみると


先生の机の上に
絵が描いてある画用紙が
数枚置いてあり
次女と絵を描いてましたとのこと
それでいつもより長かったらしい


絵を描くのは
心理描写でよく使う方法と聞いてはいたが
次女が話したいことがまとまってないからとはいえ
絵を描きながら話しをスムーズに引き出してしまうとは
心理士の先生はやはりすごい


先生は次女と絵をかきながら
今の次女の心の中にある
不安を生み出す要素を
改めて確認していた



テーマ : 女の子育児
ジャンル : 育児

続・障害17



週明け
今年17回目の25回目の診察の日
いつもなら次女は
心理士の先生に会うのを
楽しみにしてるのに
なぜか今日は行きたがらない


朝から吐き気とだるさがひどく
起きるのもつらそうだが
だからこそ、先生に診てもらえる
ことで安心感を得ていたのに
今日は何かおかしい


理由を聞くと
「話したいことがまとまってなくて
実際に会って話す時に
どう話したらいいかわからないから」
と言うのだが
小声でためらいながら言うので
どうも腑に落ちない


どうしたんだろうと思いながらも
「ちゃんと説明できなくてもいいから
先生に会って、今思っていることをそのまま言おうね
実際に会って話せば、説明がうまくできなくても
先生が診ればわかってくれるよ」
と言って病院に向かった


病院について受付をし、診察の順番が来る
次女は待機中からそわそわしていて
「パパも最初から一緒に診察室に入ってほしい」
と言ってきたが
「うまく話せなかったら呼んでくれれば
すぐに行くから、まずは一人で話してみて」と
最初は一人で診察室に入れた



テーマ : 女の子育児
ジャンル : 育児

続・障害16



その後
予定を組んで母親にも会わせるようにし
ジョギングや買い物
食事に行ったりなど
気分転換を多めに取り入れる


吐き気や嘔吐
なかなか寝つけないなど
日々の症状は続いているが
気分転換中は楽しそうにしていた


誕生日には
母親も含めて
買い物に行き
欲しかった靴や服を
プレゼント


夜にはみんなでご飯を食べに行き
改めて誕生日を祝ってジュースで乾杯
お店からも誕生日特典に
デザートを出してもらって
とても喜んで食べていた


お店の人はもちろん次女の症状は知らないが
こういう心配りがすごく嬉しかった
さらに帰り道にケーキを買って
家に帰って数字のロウソクに火を灯してお祝い
とても楽しい誕生日を迎えることができた



テーマ : 女の子育児
ジャンル : 育児

続・障害15



帰宅後、夕方に自宅の電話が鳴り
次女が出るが
話し始めてすぐに声のトーンが低くなり
もしかしたらと思ったらやはり
ステップの先生だった


次女が少し話してから電話を代わり
診察の結果を伝えると
先生も次女の対応である程度状況を察していたらしく
「今は学校のことを思い出さないほうが良いみたいですね」
と言っていた


運動会は出れなくなるかもしれませんが
今は運動会に出ることを考えていられる
状態ではありません


また1週間後に次回の診察があるので
それまでは楽しいことを考えて少しでも良くなるように
なるべく母親にも会わせるようにしてみます
と、対応を話し合った


その週は次女の誕生日もあり
母親に会わせることや
誕生会でご飯を食べに行くこと
プレゼントを買ってもらえることなど
楽しい予定を立てていた



テーマ : 女の子育児
ジャンル : 育児

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
訪問者
↓ポチッとクリック↓