FC2ブログ

子供の不安障害記録46

休みを挟んで次の週
今年13回目の21回目の診察
先日テストを受けたメンタルクリニックでも
話したように
春休み後半から
新学年始まりにかけての変化
新しい担任の先生の事など
心理テストの結果も含めて
様々なことを話す


心理士の先生によると
環境の大きな変化により
この時期に情緒不安定になる
子供は多いらしい
次女も例外ではなく
情緒不安定の症状が出ていた


担任の先生が優しくてよかったと
安心した次女の話しを聞いて
朝から行かせてみる手もあるという
話しも出たが、前のガマンからの
リバウンド状態も考慮し
しばらくは短時間の登校にすることで
今後の方向性が落ち着く


ただ、4月5月は検診などが多く
そのほとんどが午前中にあるため
その日はなるべく午前中に登校して受診できるように
こまめに日程をチェックすることにした


もちろん、その日その日の
体調や状況を見ながら
当日の登校を判断することが前提
この日は、足りなくなった薬を処方してもらい
次回の予約をとり、診察を終える
スポンサーサイト

子供の不安障害記録45

新学期2日目
まだ給食は始まらず、半日授業
今日も親学級に朝から行くと次女本人が
希望したため、親学級に行かせる
途中での連絡はなかったが
迎えに行ったとき、担任の先生から
3時間目に体調不良になり
保健室に行って休んでましたと告げられる
やはりまだ長時間は無理があるようだ


翌日、2回目の心理テストのため
メンタルクリニックへ
2回目の心理テストを受けた後
1回目の心理テストの結果を含め
新学年が始まってどんな感じか
新しい先生はどんな人かなど
様々な話しをする


1回目の心理テストは
知能テストのような感じだったのだが
次女の結果はおおむね良好
1年生の後半は欠席が多かったが
一般的な1年生2年生と変わらない
結果なので、心配することはないとのこと


2回目の心理テストの結果は
今月下旬に出るということで
定期通院している病院の
先生経由で結果を聞けるように
渡してくれることになった


次女本人もドキドキしていたが
結果に安心した様子で
この日の診察を終える

子供の不安障害記録44

4月になり
新学年が近づくにつれ
予想していた通り次女の不安が募る
そして新学年開始当日
次女は起床後すぐに吐き気を訴え
吐き気止めを飲んだが嘔吐


しかし
クラス変更や下駄箱の変更
新しい先生との対面や
教科書の配布など
初日にしかできないことがあるので
今日はがんばって行こうねと
なんとか用意を済ませて
学校に行く


体調不良になったら保健室に行って休んだり
それでも無理なら保険の先生に言って
電話してくれれば迎えに行くからねと
言っておいたが、幸いにも電話はなく
始業式を無事にこなしてきた


新しく担任になった先生にも
挨拶をし、少し話したが
ステップの先生からすでに
事情を聞いていて
次女の症状を知っていた


新しい先生は、前に養護学級の
担当をしていたこともある女性教師
ステップと養護学級は教室も近いので
次女は何度か顔を合わせたことがあったらしく
前に見たことある先生だった、優しい先生でよかったと
どんな先生になるんだろうという不安が
少し解消したみたいだった

子供の不安障害記録43

診察の翌日が
学校で辞校式だったのだが
診察を終えて帰宅すると
しばらくして連絡網の電話があり
次女の担任だった先生が移動するとのこと


先生にお礼の花束を贈るので
賛同してくれる人で費用を
分担して出しましょうという連絡だったのだが
花束よりも、先生が移動することにびっくり


実は、1年生の終業式の日
式が終わり、生徒達が帰った後に
職員室前で担任の先生と話しをしていた
予定では、ステップの担当の先生と
辞校式や新学期の日程の話しをする
ことになっていたのだが
ステップの先生が会議になってしまったため
クラス担任の先生が対応してくれた


その時
2年生の初日は、まずは1年生の教室に登校し
その後、1年生の時の担任が2年生の教室や
下駄箱の変更などの案内をするので
次女のクラスは私が案内しますと
言っていたので、まさか
移動するなんて思ってもいなかった
あの時点では、先生本人も知らなかったのだろうか・・・


次女は、電話を聞いてる時に
先生の移動に気づいたらしく
電話が終わった後に改めて伝えると
さっき聞いてたからわかってる
先生移動しちゃうんだねと
ちょっと投げやりにつぶやいていた


先生と会えるの最後だから
辞校式ちゃんと行かなくちゃねと
次女は翌日はしっかり登校し
最後に一緒に先生に挨拶をしてきた


離婚、不安障害の発症、通院
ステップへの転入と
本当にいろいろあった1年生時代


次女が学校を休むようになってからは
心配して個別に電話をくれたり
勉強のアドバイスや友達の言葉の伝達など
忙しい中で様々なことをしていただき
すごくお世話になった先生でした
ありがとうございました

子供の不安障害記録42

3月下旬
今年12回目の20回目の診察
数日前から次女が
右目が変な感じがすると
気にしていたので
心理士の先生にそのことも話す、が
話す以前に、目を見てすぐに先生は
ものもらいですね、と気づいていた


体調は、春休みに入ってから
少し落ち着いていたが、それは
しばらく学校のことを考えずに
パパや姉と一緒に居れるという
思いがあるからでしょうとのこと


安定剤は飲み続けているし
吐かないまでも
吐き気や腹痛になる時はある
それでも、休みの間だけでも
前よりは元気になってくれてるのが
嬉しかった


しかし、春休みは短い
2年生になると担任の先生も変わる
環境の変化に、新学年が
近づくにつれ、不安も大きくなる可能性は高い
当然だが楽観することはできないと話す


だが、必要以上に周りが気にすると
次女本人はもっと気にしてしまうため
逆にあまり考えすぎず
大丈夫だよと言ってあげるのが一番良いとのこと
この日は、足りなくなった薬と
ものもらい用の目薬も処方してもらい
次回の予約を取り、診察を終える
カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
訪問者
↓ポチッとクリック↓