FC2ブログ

子供の不安障害記録30

その後、反動はやはり大きかったようで
朝から、吐き気、嘔吐の症状が出て
学校を休む日が続いた
昼間に少しは回復し
元気な時は本当に元気な小学生に見えるのだが
繰り返す嘔吐や薬を常備して服用している姿を見ると
本当に申し訳ない気持ちで胸がいっぱいになる


そして、学校に行けないまま
2月中旬、今年7回目の15回目の診察
心理士の先生に
引き続き学校に行けないことを報告する


今、診察を受けている先生は
この病院の他に、メンタルクリニックでも
勤務しているとのことで
そちらで心理テストを受けてみるのは
どうでしょうかと提案があった


学校のテストのような難しいテストではなく
心理状況を確かめるための
簡単なテストということで
子供本人も受けてくれると言ってくれた


心理テストは予約を取らなくてはいけないということで
クリニックの場所や連絡先を聞き
次回の予約を取り、診察を終える
翌日、メンタルクリニックに電話を入れ
今までの経緯を話し、心理テストの予約を入れる
スポンサーサイト

子供の不安障害記録29

2月上旬に3日間続いた嘔吐なしが
その後2日間続き
5日間になったところでストップ
6日目の夜に、まるで今までの
反動が出たかのように体調が悪くなり嘔吐
翌日から朝も夜も嘔吐するようになり
ステップも休むようになる


そして2月上旬から中旬になる頃
今年6回目の14回目の診察
臨床心理士の先生に
またぶり返して吐くようになり
ステップも休んでいることを報告する


先生が子供にカウンセリングすると
俺も恐れていたが、案の定
パパや先生が喜んでくれたから
もう吐かないようにしなきゃいけないと思った
だから、気持ち悪かったけど
吐かないようにガマンしてたとのこと
でももうガマンしきれなくなって
反動のように具合が悪くなってしまい
また吐くようになってしまった
喜んでいたことが
結果的に子供にガマンを強いることになってしまった


もうガマンはしなくていいこと
気持ち悪くなったら薬を飲んで
それでも治まらなければ
吐いてすっきりしちゃっていいことを
先生が子供を諭すように伝えた


同時に少し風邪のような症状も
出ていたので、足りなくなった薬と
風邪薬も処方してもらい
次回の予約を取り、診察を終える

子供の不安障害記録28

1月下旬から2月上旬
奇跡的に、子供が嘔吐しない日が
3日間続き、4日目に
今年5回目の13回目の診察


子供はさっそく心理士の先生に報告
吐き気はあり、薬も飲んでいるが
不安障害と診断されてから
3日間連続で嘔吐しない日は今までになかった
嘔吐しない日があっても、それはごくたまに1日だけ
そして、翌日にはまた嘔吐していた


それが、3日も嘔吐しないでいられたのだから
本人はもちろん、俺も先生も嬉しかった
元気に過ごしている子供からすれば
3日間嘔吐しないなんて普通で
逆に、嘔吐するほうが珍しいのだろうが
今のうちの子供にすれば
本当にすごい状態だった


とはいえ、心理士の先生も俺も
これで油断してはいけない
吐き気そのものが治まったわけではないし
頭痛や腹痛、情緒不安定などは
継続している、決して治ったといえる状況ではない
引き続き、薬を飲み続けながら
気を抜かずに様子を見ていきましょうと方針を決め
次回の予約を取り、診察を終える

子供の不安障害記録27

1月下旬
今年4回目の12回目の診察
小児科の待合室には
インフルエンザも含まれるであろう
具合の悪そうな子供達がたくさん
診察を待っていた


自分も3年ほど前にインフルエンザにかかり
苦しみの中、1週間ほど寝て過ごしたことがあるので
本人も見守る親も苦しいだろうなぁと
我が子じゃないながらも心配になる・・・


幸いにも、うちの子供達は
インフルエンザやノロウィルスには
感染しておらず
不安障害の回復に集中できているが
これから先はどうなるかわからない
上の子の中学校も
下の子の小学校も
学級閉鎖になるクラスが出てきている


そして、インフルエンザを罹ってなくても
下の子の吐き気や腹痛などの症状は続いている
この日は、臨床心理士の先生と
そんな話しも交えながら話した
ステップアップには通常通り通うが
体調が悪い時には決して無理はしないこと


高熱が出た場合はすぐに病院に行って
インフルエンザかどうかの確認をすること
などのアドバイスを受け
足りなくなった薬を処方してもらい
診察を終える
カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
訪問者
↓ポチッとクリック↓