FC2ブログ

モンスト 進化神化祭ガチャ☆

モンスト 進化神化祭ガチャ☆



モンスト 進化神化祭!アーサー狙いでシングルガチャを6回引いてみました!







アーサーどころか☆5も1個も出ませんでした・・・



やはりモンストガチャは確率低いですね
次回がんばりたいと思います
スポンサーサイト

宿題2

今回は前回の宿題の続きです


その問題は、数学の問題
答えはグラフに記入せよという表問題でした



そういう場合、ノートに表を書いて答えを書きこむんだけど
A子はそこで




答 下図の通り



ってそのまま写してきちゃったわけだ(爆)
解答にはこの 下図の通り の下にちゃんと表があって
グラフが書きこまれてるんだけど
あせってたA子はそれを見逃してしまった



先生もおもしろかったみたいで
「じゃあなんでここは 下図の通り なんだよ?プププッ」
って笑いながら言ってた

しかし!A子はそれでも完全否定!



「私本当に見てない!」

「これは答え見なきゃ書けないだろ・・・」

「なんでだかわからないけど本当に見てないもん!」



一瞬
こいつ本当に見てないのかも・・・



なぁんて思うわけねぇだろ!このゴリ押し女!



まったくとんでもねぇ女だよ本当に
こういう女は将来
浮気相手とホテルに入ったところを見られて
おまけに写真まで撮られてつきつけられても



「私、行ってないもん!」


とか言うんだろうな



「んじゃ行かずにイッたんかコラァ!」



姉さん、修羅場です!w



結局、A子は全否定したため、先生も引き下がり
許されてしまった、それでいいのか?



それより、 A子すげぇよ!



疑惑に耐えてよくがんばった!感動した!(By小泉)



騙されてんだよ・・・先生・・・



思えばあれからだな、答え見るのに罪悪感なくなったの・・・



結果的には、A子サンキュー!ww

宿題

もうタイトルからして嫌な感じ・・・
小学生や中学生なんかが毎日嫌々ながらやる宿題
夏休みの宿題なんて、8月30、31の2日間で全部やりました
って言う人も少なくないでしょう


えっ?俺だけか?

嫌だったなぁ、自由研究すらも2日間で終わらすの・・・(泣)
あんなに宿題出たら「夏休み」じゃないだろ


マジ
人間ならつきあいたくないヤツナンバーワン間違いなしです!



「あなたのことずっと見てました、つきあってください」
なんて言われた日には



嫌です!(即答)



嫌でもいいけど、毎日ストーカーするからね、合法で!



しかも親公認(大泣)

学校でしっかり勉強してりゃ宿題なんてやらなくていいじゃん!

宿題忘れたら後ろに立たされるわよ!



先生!ボク一生懸命宿題やります!(保身)



とまぁそんな宿題
小、中と塾に通っていた俺は
まさに宿題のダブルパンチ!



姉さん、毎日がピンチです!



勉強ばっかりやってらんね~~つ~~~の、マジで!
と思いながらいつもギリギリでやってました(泣)
そんな塾でのこと・・・



ある日、いつものように塾に行き
授業が始まりました
最初はとりあえず先生に宿題を見せます
見せるっていうか、小人数だったから
先生が個々の机まで見にくるんだけど
ある人の席に見に行った時、まぁ仮にA子さんとしましょう
先生は笑いながら言いました



「A子~!お前答え見ただろ~?」



不思議な事に、そのテキストって答えが別冊になってなくて
後ろのほうに全部載ってるんです
見ろって言ってんでしょ?俺に見ろって言ってんでしょ?
って思いたくなるぐらい



実際見てたけど(ププッ)



んでまぁもちろんA子は


「え?見てないよ~~」って言うわけね


もう普通に否定、否定否定
殺人事件で言えば



「おもしろい推理ね、でも証拠が無いわ」

っていうちょっと余裕すら浮かべた否定

「だって私には答えを見る動機がないわ!そうでしょう?」

と、同情を誘う・・・

しかしそこで出ました十津川警部!
「あるんだよ、だってお前はバカだろう!」

そしてA子
「くやしかったのよぉ~~(大泣)」

で、めでたしめでたし。
って感じなんだけど、先生も根拠なく言ったわけじゃないんです
A子はある問題で答えの書き方を間違えてしまった・・・



続く・・・

えっ?

1 帰宅



ある日の事
旦那、珍しく深夜の帰宅



夫 「ただいまぁ・・・」

妻 「おかえりなさいあなた、今日は遅かったわね?」

夫 上着を脱ぎながら 「ん~、接待が長引いてな~」

妻 「それはお疲れさまぁ、晩御飯は?」

夫 ネクタイをほどきながら 「ん~、食べてきた~」

妻 「そう、じゃあお風呂にしますか?」

夫 シャツのボタンを外しながら 「ん~、入ってきた~」




えっ?



2 山手線



山手線に乗り、日暮里~新宿まで移動中
車内にて



西日暮里→田端→駒込と無事に過ぎ
巣鴨→大塚→池袋へと向かいます!
しかし・・・



車内アナウンス 「次は~大塚~大塚~」



えっ?



それでも何事もなかったかのように電車は巣鴨に着き
しばらくして大塚へ向けて発車



車内アナウンス 「えぇ~次も~大塚~大塚ぁ~」




えっ?



3 車内



季節は真冬、運転する俺とサイドに座る友達
窓を閉め切り、ヒーターをきかせて運転する
軽自動車の車内にて



友達 「あのさぁ・・・」

俺   「ん?どうしたの?」



友達 「おならしていい?」



えっ?



友達 「ふぅ~~~~・・・」



えっ?



友達 「・・・・・・・・・・(満足気な表情)」



えぇっ?

寿司屋

これは俺がまだかなり小さい頃の話
たぶん幼稚園生ぐらいだったと思う
家族でお寿司を食べに行ったんです



もちろん回転してるけど・・・



俺達がまだ小さい頃、うちは普段からあまり外食をせず
家でご飯を食べることが多かった
家族ぐるみで付き合いのある友達や、親戚などが一緒の時は
外食したり出前頼んだりしてたけど、そういう時以外は家で食べてたと思う



そんなうちの家族が、誰が来たってわけでもないのに
回ってるとは言え寿司屋にご飯を食べに行ったんです
(しかも子供って、回ってる方が気軽な雰囲気で好きかも)
そりゃあもう嬉しいったらありゃしない!



親は「好きなの食べていいよ~」って言ってくれたしね
まぁあの頃はまだ子供だからそんなに量も食べれないし
好きなネタも高いものじゃなかったからだろうけど
そんなこと幼少の我が身には関係のないことで
お腹いっぱい好きなものを食べジュースを飲んでたわけです



すると、うちのような家族連れのお客さんが食事を済ませ
会計のタメにレジに向かう姿が目に入りました
レジの前で、お父さんと思われる人がサイフを出し
料金を言われるのを今か今かと待っています



と、その時、横にいた子供とお母さんが別の店員と話を始め
その店員の誘導に従うように
目の前のレジ横にある箱に子供が手を突っ込みました!



そして箱から取り出したものは、子供用のおもちゃ
大人用だったら大変だっつ~の・・・ (>.<)



「俺もあれもらえるのかな?」って期待するような目で
眺めてたことに母親も気づいたんでしょうね
「帰りにあの箱からおもちゃもらえるんだよ~」
なんて言って一緒に笑ってました



いつもより遅くまで起きてられて
お寿司も食べてジュースも飲んで
おまけに帰りにおもちゃまでもらえちゃう
こんなに良い日はありません
もう最高!って感じで気分ウキウキでした



そして食事が終わり、お会計をしにみんなでレジへ
父親がレジの正面に立ち、俺達はその横でおもちゃを待ってます
しかし・・・



誰1人として、「箱からおもちゃ取って良いよ~」
なんて言ってくれる店員はいない!



「このままじゃお会計終わっちゃうよぉ?」
と、焦りの目で母親を見つめる俺
母親も「これはちょっとおかしいな?」と感じたのか
ついに店員に向かって言いました



「これ引かせてもらえるんですよね~?」
すると店員・・・



「あっ、これ今はキャンペーン期間外でやってないんですよ~」




えっ???



さっき引かせてただろ~~が!!(怒)

さっきの家族連れが帰ってから30分も経ってないんだよ?



そんなハンパな時間でキャンペーン終わりかよ??



母親   「さっきの子は引かせてもらってましたよ?」

店員   「それはきっとうちの従業員のミスで・・・」

母親   「引かせてもらえないんですか?
       さっき引いてるの見て、子供達は楽しみにしてたんですよ?」

店員   「すいませんけど、期間外なんでちょっと・・・」



あの頃は、まだ幼なかったからあまり意味がわからなくて
雰囲気的に「嫌だな」、「ちょっと恐いな」って思ってたけど
この状態で引かせないようにすることって
そんなに重要?



キャンペーン終わってもレジ横に置きっぱなしにできるってことは
「業者に返す必要はない」と見ていいと思うんだけど
そもそもあんな子供用おもちゃなんて回収にこないでしょ?
あまってるおもちゃをお客にあげるのはいけないのか?
それに、お客の俺達は何も悪い事はしてない
前のお客にあげてしまうというミスをしたのは店側だし
そもそもそんなにあげたくないなら、キャンペーン終わった時点で
箱ごとお客の目の届かない所に片付ければ良いだけなんじゃないの?



結局何ももらわないで帰ったと思うけど
あんな店のおもちゃ逆に欲しくないし
せっかくの寿司の後味も最悪



激マズ!



その店はチェーン店だけど
それ以来その店には支店にも行ってない
もう2度と自分からは行かない・・・
誘われてもよっぽどの理由がない限りは行かない



結論として
良い事しかない日なんてないな・・・



その後、その店は潰れました・・・
当然ですね

ECナビ


お得なポイントが毎日貯まる!
会員数400万人のポイントサイト「ECナビ」をごぞんじですか?


▼登録無料!まずは登録してみよう!▼


「ポイントサイトって色々あるけど、「ECナビ」って何がいいの?」
「どんな風にお得なの?」
そんな疑問にお答えするために、「ECナビ」の3つのオススメポイントをご紹介します!


--------------------------------------------------------


1.たくさんの方法で、簡単にポイントを貯めることができます!


・メールで届くアンケートに回答するだけ!
・いつものネットショッピングをする時に「ECナビ」を経由するだけ!
・楽しいすごろくや釣りなどのミニゲームに参加するだけ!
・アプリのダウンロードやお得なサービスに無料会員登録をするだけ!


他にも広告にアクションして一気に高ポイントを貯める方法や、スーパーやドラッグストアなど近所のお店のチラシをチェックしてコツコツ貯める方法など、お好きな方法でポイントをどんどん貯めることができます。


▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=qlrxm&ref=61


--------------------------------------------------------


2.貯まったポイントの交換先が豊富!


現金はもちろん、Amazonギフト券や電子マネーなどに交換できます。
ポイントは300円分貯めればすぐに交換できます!
あっという間にお小遣いゲット♪


▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=qlrxm&ref=61


--------------------------------------------------------


3.安心安全なポイントサイト


「ECナビ」の会員数は400万人を突破!
長年運営されていて、日本インターネットポイント協議会に加入&プライバシーマークも取得しているサイトなので安心して利用できます。


▼ECナビへの無料登録はこちら▼
https://ecnavi.jp/invite?id=qlrxm&ref=61


--------------------------------------------------------


★さらに、いまなら・・・★


この記事内のリンクから無料会員登録するだけで、「ECナビポイント500pts.」をもれなくプレゼント!


このペースで稼げちゃうポイントサイト「ECナビ」!ポイントを貯めてお小遣い稼ぎをしたい人には絶対オススメです♪


▼登録無料!まずは登録してみよう!▼



クスリ

今回は、同じ歳の俺の友人H君の話
小学生の頃家が近くてしょっちゅう一緒に遊んでたH君
俺が引っ越してから離れてしまい
今では全然連絡を取り合う事もないけど、元気にしてるのだろうか?



この話は、H君と久しぶりに会った時に聞いたH君の体験談です
あれは確か、車の免許取ってしばらくしてからだったから
19歳~20歳ぐらいの頃かな



当時H君はスポーツタイプの車に乗ってて
ちょっと走り屋を目指してる?感じの人でした
週末の夜には、たいして用事もないのに高速に走りに行くって言ってたな
俺も友達に誘われて何度か見に行ったことがあるけど
あんな運転はとてもじゃないけど俺にはムリ
だいたい、ダブルクラッチなんかできるやつの足の動きが俺には信じられん(>.<)
まぁそれはさて置き



そんなH君だったので、首都高抜けて○○埠頭まで走りに行く
なんてのはしょっちゅうだったらしく
その日も友達といつものように走りに行ったそうです



インターから高速に乗り、ルートを決めて何週か気持ち良くかっ飛ばした後
目的の埠頭まで向かいます
そして、家を出てから走る事約2時間
事故を起こすこともなく無事埠頭に到着!
車を降り、コーヒーを買って、友達とそれを飲みながらまったりと喋ってる時
数人の警察官に囲まれたそうです (;>ω<)/



警察     「警察の者だけど、ちょっといいかな?」

H君&友人 「はい・・・・・・???」

警察     「今日ここで、麻薬の闇取引があるという情報が入ってるんだ
             悪いけど、車の中を調べさせてもらいますよ」

H君&友人 「えっ??ちょっちょっと・・・マジ・・・で???」



しかし抵抗する間もなく、警察官は車を調べ始めます、が
しばらくして、友人の車には何もなかったらしく



警察     「警部、こっちの車には、怪しい物は見当たりません!」



と警部に報告、そして
残るH君の車を調べ始める警察官
しばらくして、前の座席を調べていた警察官が来て言いました
手には何かが乗っています




警察     「警部!白い粉が見つかりましたっ!」



H君&友人  「えっ?嘘でしょ?マジで??」

友人       「マジか?お前本当にやってたのかよ~?」

H君       「バカ!お前、んなわけね~だろ!
         この状況じゃシャレにもなんね~よ・・・」

H君&友人   「どういうことだ?このまま捕まっちまうのかよ俺達・・・」



と、その時
後部座席を調べていた警察官が手を上げて、声高らかに言いました!




「警部!メロンパンの袋が見つかりました~!」



友人      「おっお前・・・メロンパン食ったの?」

H君      「そういえば昼ごろに食った・・・思い出したよ・・・」

友人      「思い出したよじゃね~~だろ!何が麻薬だよ!
        メロンパンでラリってたら誰もクスリなんて買わね~よ!」



そういう問題でもないだろ・・・(x_x)
結局、友達と2人で爆笑して帰ってきたらしいんですが
最初に粉を発見した警察官も、メロンパンの袋を発見した警察官も
ものすごくマジメな態度で発見報告をしたそうです
最初の粉はまだわかるけど、袋はどう考えたって笑っちゃうでしょ?俺だけか?
警察の捜査ってすごいんだねぇ、メロンパンの粉が麻薬だよ?
しかも笑わないんだよ?俺にはまずできないな。



みなさんも、メロンパン食べた後の麻薬捜査には注意しましょうww

ベッド

A子は疲れきっていた
連日の残業と、仕事のできない上司からのセクハラまがいの嫌味
仕事内容はそれほどきついわけではなかったが
精神的疲労もありクタクタだった



この日も、いつものように残業を終え
クタクタの体を引きずるようにして会社を出る
外はすでに暗闇につつまれ、家路を急ぐ人達が足早に過ぎ去って行く
夕食を作る気力もすでにないA子は
駅の傍にあるコンビニで弁当を買い、同じように足早に家へと向かう
昔夢に描いた、華々しいOLのアフター5の生活は、もう思い出すこともなかった



ワンルームにキッチン、トイレと風呂は一体型のユニットバス
2階建てアパートの最奥にあるA子の部屋
この部屋に1人暮しを始めてもう2年になるが
特に不満があるわけでもなく、1人で住むには充分な大きさなので
それなりに満足して暮らしていた



その部屋の壁にピッタリくっつけるように置いてあるベッド
シングルとはいえ、部屋の半分近くまで埋まってしまうそのベッドは
部屋が狭くなる事を承知の上でも、A子がどうしても欲しかった
ただ1つの贅沢品だった



ドアを開け部屋に上がると、着替えもせずにベッドに倒れこむA子
「あぁ~もう疲れた~、何もしたくない、毎日毎日本当にもう・・・」
と、グチるのも束の間、モゾモゾと置き上がりとりあえずテレビをつける
その後、意を決したようにベッドから下り、着替えを済ませると
台所からグラスを取り出しお茶を入れ
弁当をコンビニの袋から出しテーブルに向かう
テーブルと言っても、ベッドの脇に置かれた小さい折りたたみテーブルなのだが
この部屋にはそれでも充分な大きさだった



テレビを見ながらのんびり夕食を済ませたA子は
お腹がいっぱいになったのと疲れも重なって、体にだるさを感じてきた
そこで、ちょっと横になろうと足でテーブルをずらし
床に手をついて体を反転させたその時、自然にベッドの下に目が行く形になり
そこには・・・








A子を見てニヤニヤと笑う男の顔・・・



とまぁこれは、昔ネット上で有名になったストーカーの話ですが
俺がまだ10代後半の頃、こんなことがありました



当時俺には同じ歳の彼女がいたんですが
彼女にはお兄さんが2人いて、そのお兄さんとも仲が良かったんです
そういうわけもあって、彼女の家にはよく遊びに行ってましたが
彼女にはお兄さん達のさらに上に、もう1人お姉さんがいました
お姉さん、6歳ぐらい上だったと思う



彼女の家は2階建てで、お兄さん達2人の部屋は1階
彼女とお姉さんの部屋は2階にあり
それぞれ2人で1部屋を一緒に使ってました
彼女とお姉さんが同じ部屋ということもあって
俺が遊びに行った時は、1階のお兄さん達の部屋で遊んだり
外に遊びに行ったりしてて、ほとんど2階に上がる事はなかったけど
いつものように遊びに行ったある夜の事



なにかのきっかけで、2階の彼女の部屋に入れてもらえることになりました
「お姉ちゃんは仕事でまだ帰ってこないから大丈夫だよ」
と言う彼女の言葉に、ちょっとドキドキしながら部屋で喋ってる時
普通なら帰ってくるハズのないお姉さんが、帰ってきちゃったんですo(><)o



部屋を出るとすぐ階段なので、外に逃げる事はできない!
普通なら「こんばんは」とあいさつすれば済むかもしれないが
彼女はお姉さんに、男は部屋に入れるな!と言われていたらしく
俺がいるのがバレたら怒られるのは目に見えてます
そこで、短い時間の中で考え出した決断は





ベッドの下に隠れる」でしたf(^_^)



ベッドと言っても、下が収納スペースになる造りでかなり空いていて
隠れるのはたやすい、と言うよりバレちゃうんじゃないか?
と思えるぐらいの広さがあり、置いてある荷物のさらに後ろにもぐり
息をひそめる俺



彼女が言うには
「着替えてちょっと喋ったらご飯食べに下に行くから、その間だけだよ
そしたら1度外に出て、また入ってきて下の部屋に行けばいいよ」
ってことなんだけど、まぁ言いたい事はよくわかる
でもさ




着替えるの??



彼女は「見ちゃダメだよ!」なんて言ってたけど
実際にお姉さんが部屋に入ってきたら
俺が着替えを見ようが見まいが彼女は
俺が部屋にいないフリをしなくちゃいけないわけじゃん?
つまり



俺が着替えを見てるかどうか確かめるタメに
ベッドの下を覗くこともできない
」わけだ





えへっ・・・ww



でも実際に見たかどうかは、教えな~いw

マスク

今回はちょっと短めに
うちの母親のわがまま小話を1つ
ブログに何度か登場しているうちの母親ですが
ご存知の通り、たまにハチャメチャな事を言います
これもその1つ、マスクの話



みなさんはマスクしたことがありますか?
風邪ひいた時とか、花粉症の対策、それに
喉が痛い時とかにもする、鼻と口を被うあのマスク



ある時、風邪をひいてしまい咳をしてる俺に母親は言いました



「今風邪ひいたら大変なんだからうつさないでよ~、マスクして!」
「あぁ~もう風邪うつされるの嫌だなぁ、近寄らないで!」
俺には平気でこういうことを言ううちの母親



まぁある意味もっともな意見ですね
咳で風邪の菌を飛ばしたらうつりやすくなってしまうので
言われた通りマスクをする俺
俺は体が特別強いわけじゃないので
タマには普通に風邪をひくわけです



それに比べてうちの母親、ほとんど風邪ひきません
自己管理がうまいのか、ただのバカなのかはわかりませんけどね
でもバカは風邪ひかないって言うしな・・・そして俺はその息子w



そんな母親も、ほんっとにたまにだけど風邪をひくようで
ゴホゴホと咳をしていることがあります
そんな時俺は、ここぞとばかりに



「今風邪ひいたら大変なんだからうつさないでよ~、マスクして!」
「あぁ~もう風邪うつされるの嫌だなぁ、近寄らないで!」
と、言い返すのですが、それに対して母親は・・・




「うつりたくないなら、あなたがしなさい!!」



結局マスクは俺かよ?



これ作り話じゃなく実話です
うちの母親らしいって言う人もいるかもしれませんが
絶対ただのわがままですよね?



でもうちの母親が言うと、あんまりわがままっぽくない
さすが俺より20年以上も長生きしてるだけあって、言う事違うわ・・・w
カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
訪問者
↓ポチッとクリック↓