FC2ブログ

もんじゅの構造



ご存知の人も多いと思いますが
福井県の敦賀にある
高速増殖炉もんじゅ


福島原発ではありませんが
福島よりもっと危険な構造です
もんじゅは、冷却にナトリウムを
使っているんですが、ナトリウムは
酸素や水、コンクリートに触れただけで
爆発します

しかもMOX燃料なので
プルトニウムも使用されています

このもんじゅのナトリウム漏れ事故について
故・平井憲夫さん(1級プラント配管技能士
原発事故調査国民会議顧問
原発被曝労働者救済センター代表)が
ブログを残していますので
そのまま転載します

   以下
   ↓
もんじゅの大事故

 去年(一九九五年)の十二月八日に、福井県の敦賀にある動燃(動力炉・核燃料開発事業団)のもんじゅでナトリウム漏れの大事故を起こしました。もんじゅの事故はこれが初めてではなく、それまでにも度々事故を起こしていて、私は建設中に六回も呼ばれて行きました。というのは、所長とか監督とか職人とか、元の部下だった人たちがもんじゅの担当もしているので、何か困ったことがあると私を呼ぶんですね。もう会社を辞めていましたが、原発だけは事故が起きたら取り返しがつきませんから、放っては置けないので行くのです。

 ある時、電話がかかって、「配管がどうしても合わないから来てくれ」という。行って見ますと、特別に作った配管も既製品の配管もすべて図面どおり、寸法通りになっている。でも、合わない。どうして合わないのか、いろいろ考えましたが、なかなか分からなかった。一晩考えてようやく分かりました。もんじゅは、日立、東芝、三菱、富士電機などの寄せ集めのメーカーで造ったもので、それぞれの会社の設計基準が違っていたのです。

 図面を引くときに、私が居た日立は〇・五mm切り捨て、東芝と三菱は〇・五mm切上げ、日本原研は〇・五mm切下げなんです。たった〇・五mmですが、百カ所も集まると大変な違いになるのです。だから、数字も線も合っているのに合わなかったのですね。

 これではダメだということで、みんな作り直させました。何しろ国の威信がかかっていますから、お金は掛けるんです。

 どうしてそういうことになるかというと、それぞれのノウ・ハウ、企業秘密ということがあって、全体で話し合いをして、この〇・五mmについて、切り上げるか、切り下げるか、どちらかに統一しようというような話し合いをしていなかったのです。今回のもんじゅの事故の原因となった温度センサーにしても、メーカー同士での話し合いもされていなかったんではないでしょうか。

 どんなプラントの配管にも、あのような温度計がついていますが、私はあんなに長いのは見たことがありません。おそらく施工した時に危ないと分かっていた人がいたはずなんですね。でも、よその会社のことだからほっとけばいい、自分の会社の責任ではないと。

 動燃自体が電力会社からの出向で出来た寄せ集めですが、メーカーも寄せ集めなんです。これでは事故は起こるべくして起こる、事故が起きないほうが不思議なんで、起こって当たり前なんです。

 しかし、こんな重大事故でも、国は「事故」と言いません。美浜原発の大事故の時と同じように「事象があった」と言っていました。私は事故の後、直ぐに福井県の議会から呼ばれて行きました。あそこには十五基も原発がありますが、誘致したのは自民党の議員さんなんですね。だから、私はそういう人に何時も、「事故が起きたらあなた方のせいだよ、反対していた人には責任はないよ」と言ってきました。この度、その議員さんたちに呼ばれたのです。 「今回は腹を据えて動燃とケンカする、どうしたらよいか教えてほしい」と相談を受けたのです。

 それで、私がまず最初に言ったことは、「これは事故なんです、事故。事象というような言葉に誤魔化されちゃあだめだよ」と言いました。県議会で動燃が「今回の事象は……」と説明を始めたら、「事故だろ! 事故!」と議員が叫んでいたのが、テレビで写っていましたが、あれも、黙っていたら、軽い「事象」ということにされていたんです。地元の人たちだけではなく、私たちも、向こうの言う「事象」というような軽い言葉に誤魔化されてはいけないんです。

 普通の人にとって、「事故」というのと「事象」 というのとでは、とらえ方がまったく違います。この国が事故を事象などと言い換えるような姑息なことをしているので、日本人には原発の事故の危機感がほとんどないのです。
   ↑
   以上

この文章はもんじゅについてですが
日本の原発の構造は、寄せ集めで作ってる以上
どこも大差ありません
この前もニュースになりましたが
もんじゅはこの他にも炉内中継装置(重さ3.3トン)が落下する
事故によって、燃料環境課の男性課長が自殺するという
事態にまでなっています

炉内中継装置は先日の回収作業で引き揚げられましたが
いつまた同じような、そして、もっとひどい
事故が起きてもおかしくない状態なのに
早ければ年内にも試験運転再開とも言っています

信じられない、信じたくないですが・・・
 
 
 

スポンサーサイト

震災後、久しぶりのブログ




うめきちが亡くなって
一週間も経たないあの日

3月11日金曜日午後2時46分

東日本大震災が発生

会社内ではうめきちのことを言わず
気がゆるむとすぐに涙が出そうなほどの
悲しみをずっと我慢しながら
仕事をしていた時でした・・・



ものすごい揺れのあと
追い打ちをかけるように
全てを流しつくした東北地方の津波

関東の大渋滞の道路

そして、不安をあおるように
何度も繰り返す強い余震

さらに、原発事故による
放射性物質の拡散・・・



福島、宮城の親戚は
避難しているが無事の確認はできた



あれから、あっという間に3ヶ月がすぎ
何事もなかったかの
ように流れている毎日

何事もなかったかのように
流れてるように見えるだけかもしれないが・・・



人生観は明らかに変わった
何と言うか、感受性の強い俺は
毎日日替わりでいろんな思いが
渦巻いてるというか

これまでブログを書いてこなかったけど
(どう書けばいいかもわからず
書けなかった、というほうが強い)
いろいろ思うこともあるし
いろんなことを調べたりもした

これだけの大事故なのに
意外と関心が低い人も多いなと思う



そんな中
通勤途中のおおたかの森駅の光景

東武線からつくばエクスプレスに
乗り換えに歩いて行く途中

ベビーカーに揺られる子供と
それを押して歩く母親

ふと、動きを止めた母親が
ベビーカーの横にまわり
子供の顔を覗き込む

お母さんの顔を見て笑う子供と
その笑顔を見て微笑む母親



おばあちゃんと遊びにきている子供
行き先はおばあちゃんが知ってるハズなのに
まるで、僕が案内するとでも言わんばかりに
先を小走りでニコニコと進む
そして、それを嬉しそうに眺めながら
追いかけて歩く祖母


こんな、普通といえば普通の光景を
子供達の笑顔を、大人達が守って
いかなければと思う



一方で、いまだ先の見えない
福島第1原発の事故
周辺の街には
子供達の笑顔どころか
生活する住民の姿すらない・・・


自分なりに、原発のことを
かなりの時間をかけて
調べてみたけど
それをブログに書こうかどうかは
まだ迷ってる。


 

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
訪問者
↓ポチッとクリック↓