FC2ブログ

ベッド

A子は疲れきっていた
連日の残業と、仕事のできない上司からのセクハラまがいの嫌味
仕事内容はそれほどきついわけではなかったが
精神的疲労もありクタクタだった



この日も、いつものように残業を終え
クタクタの体を引きずるようにして会社を出る
外はすでに暗闇につつまれ、家路を急ぐ人達が足早に過ぎ去って行く
夕食を作る気力もすでにないA子は
駅の傍にあるコンビニで弁当を買い、同じように足早に家へと向かう
昔夢に描いた、華々しいOLのアフター5の生活は、もう思い出すこともなかった



ワンルームにキッチン、トイレと風呂は一体型のユニットバス
2階建てアパートの最奥にあるA子の部屋
この部屋に1人暮しを始めてもう2年になるが
特に不満があるわけでもなく、1人で住むには充分な大きさなので
それなりに満足して暮らしていた



その部屋の壁にピッタリくっつけるように置いてあるベッド
シングルとはいえ、部屋の半分近くまで埋まってしまうそのベッドは
部屋が狭くなる事を承知の上でも、A子がどうしても欲しかった
ただ1つの贅沢品だった



ドアを開け部屋に上がると、着替えもせずにベッドに倒れこむA子
「あぁ~もう疲れた~、何もしたくない、毎日毎日本当にもう・・・」
と、グチるのも束の間、モゾモゾと置き上がりとりあえずテレビをつける
その後、意を決したようにベッドから下り、着替えを済ませると
台所からグラスを取り出しお茶を入れ
弁当をコンビニの袋から出しテーブルに向かう
テーブルと言っても、ベッドの脇に置かれた小さい折りたたみテーブルなのだが
この部屋にはそれでも充分な大きさだった



テレビを見ながらのんびり夕食を済ませたA子は
お腹がいっぱいになったのと疲れも重なって、体にだるさを感じてきた
そこで、ちょっと横になろうと足でテーブルをずらし
床に手をついて体を反転させたその時、自然にベッドの下に目が行く形になり
そこには・・・








A子を見てニヤニヤと笑う男の顔・・・



とまぁこれは、昔ネット上で有名になったストーカーの話ですが
俺がまだ10代後半の頃、こんなことがありました



当時俺には同じ歳の彼女がいたんですが
彼女にはお兄さんが2人いて、そのお兄さんとも仲が良かったんです
そういうわけもあって、彼女の家にはよく遊びに行ってましたが
彼女にはお兄さん達のさらに上に、もう1人お姉さんがいました
お姉さん、6歳ぐらい上だったと思う



彼女の家は2階建てで、お兄さん達2人の部屋は1階
彼女とお姉さんの部屋は2階にあり
それぞれ2人で1部屋を一緒に使ってました
彼女とお姉さんが同じ部屋ということもあって
俺が遊びに行った時は、1階のお兄さん達の部屋で遊んだり
外に遊びに行ったりしてて、ほとんど2階に上がる事はなかったけど
いつものように遊びに行ったある夜の事



なにかのきっかけで、2階の彼女の部屋に入れてもらえることになりました
「お姉ちゃんは仕事でまだ帰ってこないから大丈夫だよ」
と言う彼女の言葉に、ちょっとドキドキしながら部屋で喋ってる時
普通なら帰ってくるハズのないお姉さんが、帰ってきちゃったんですo(><)o



部屋を出るとすぐ階段なので、外に逃げる事はできない!
普通なら「こんばんは」とあいさつすれば済むかもしれないが
彼女はお姉さんに、男は部屋に入れるな!と言われていたらしく
俺がいるのがバレたら怒られるのは目に見えてます
そこで、短い時間の中で考え出した決断は





ベッドの下に隠れる」でしたf(^_^)



ベッドと言っても、下が収納スペースになる造りでかなり空いていて
隠れるのはたやすい、と言うよりバレちゃうんじゃないか?
と思えるぐらいの広さがあり、置いてある荷物のさらに後ろにもぐり
息をひそめる俺



彼女が言うには
「着替えてちょっと喋ったらご飯食べに下に行くから、その間だけだよ
そしたら1度外に出て、また入ってきて下の部屋に行けばいいよ」
ってことなんだけど、まぁ言いたい事はよくわかる
でもさ




着替えるの??



彼女は「見ちゃダメだよ!」なんて言ってたけど
実際にお姉さんが部屋に入ってきたら
俺が着替えを見ようが見まいが彼女は
俺が部屋にいないフリをしなくちゃいけないわけじゃん?
つまり



俺が着替えを見てるかどうか確かめるタメに
ベッドの下を覗くこともできない
」わけだ





えへっ・・・ww



でも実際に見たかどうかは、教えな~いw
スポンサーサイト

2時間・・・

これは、ぬかるみ(ぬかるみ→)の彼女とつきあってる時の話しです
彼女の家はちょっと遠くて、車で行くと片道2時間はかかる距離でした



当時の俺は、ぬかるみを読んでもわかるとうり
昼間はレンタルショップで働いてました
そして夜はまた別のバイトをしていたのです



そんな状況だったので、往復4時間以上もかかる
距離の彼女には、なかなか会いに行けないわけです・・・
って言っても、かなり努力して会いに行ってましたよ
大体普段月々のガソリン代は1万円ちょっとなんですけど
あの頃は3万円ぐらい使ってましたからね
努力してたでしょ??足りない??



しかしある時、彼女はあっさりこう言いました!



「だってOO(俺の名前)、会いに来てくれないんだもん!」





俺が会いにいくのが、当たり前なんかい?!!



それから数日間、1日1回は言われてたかな、ロデムか俺は・・・
いい加減言われ続けて頭にきたんで、その日は夜バイトあったんだけど
「今日バイト終ったら行くから!!」
って言っちまいました・・・それが悲劇の始まりか・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ちなみにこの時、真冬です
彼女は俺の疲れなどおかまいなしに喜んでたけどね
まぁあの頃はそれが嬉しくもあったんだけどさ・・・



さてその日、バイトはある程度早めに終り、11時ごろだったかな
バイト先を出た俺は、自分の家にも寄らずに彼女の家に向かいました
車を走らせる事2時間以上
(高速使えば1時間ちょっとで行けるんだけど、お金ないから)
つきましたよ、当時彼女は親と同居してたんで、近くの喫茶店の駐車場に
車を止めて、とりあえずポケベルならします(なつかしいな、ポケベル 笑)



待つこと10分・・・こねぇよ・・・
着替えでもしてるのかな??
と思いさらに5分ほど待ちます・・・



こねぇよ・・・
なにやってんだよ・・・しょうがねぇな、電話するか・・・
ってことで電話をかけます





でねぇよ・・・
嘘だろ??
なんでだよ??
ちょっと待てよ・・・
もう1回かけます・・・



やっぱりでない・・・
俺2時間もかけてきたのに・・・
なんでムシされてんの・・・ハァ・・・



でもまた2時間以上かけてすぐ帰る気にもならねぇよ・・・(泣)
ってことで、そこに車を止めて寝ることにしました
でもね、真冬だから、エンジン切ると寒い・・・
で、ヒーターつけてると暑い・・・
何度も寝たり起きたりの繰り返しでしたね
ホント、最悪・・・



んで、朝明るくなった頃に彼女きましたよ
「ごめん、寝ちゃった・・・」



きてくれないって文句ブーブー言ってたやつが
あったかいフトンで熟睡してて
仕事の疲れを抱えて2時間以上運転してやっと
たどりついた俺が車の中で寝たり寝なかったりですよ!!
しかも俺の車軽だからせまい・・・



俺  「あのねぇ、俺は車で寝るためにわざわざ
    2時間も運転してきたわけじゃないよ」

彼女 「ごめん、だって2時間長いんだも~ん」


   も~ん も~ん も~ん も~ん・・・


それ俺のセリフだって・・・



俺   「それを知ってても会いにこないって怒ったのはお前だろ??」

彼女  「うぅ~・・・」

俺   「眠いなら寝るって言ってくれれば、俺だって・・・
    「だって寝ちゃったんだもん」・・・」

彼女  「しょうがないじゃ~~ん!」





ぷちっ!!!


俺   「あのなぁ、お前がテレビ見たりマンガ読んだりしながら
      のんびり待ってる時に、俺は運転してんだよ!」

彼女  「・・・・・・」

俺   「途中でお前がグーグー寝てるときにも、俺は運転してたんだよ!」

彼女  「・・・・・・・・・・・・」

俺   「何のタメだよ?!誰のタメだよ?!!」

彼女  「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

俺   「いい加減にしろよお前!
     寝ればなんでも許されると思ってんのかよ!」

彼女  「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」



この時すでに別れればいいんですよね・・・
でも俺は許してしまう・・・



結局その後彼女を仕事場まで送ってから帰ってきました
少なくてもこういうとき送っちゃダメだろ・・・



だって彼女の仕事場、帰り道の途中なんだもん・・・



でもね、こういうとき女って、自分のこと悪いと思ってません
じゃあなんで謝るか、それは



謝らないで彼に嫌われるのが恐いから
つまり、嫌われたくない自分のために謝ってるだけ
腹の中では、「なんでこんなことで怒ってるの?」って思ってる・・・
(だったら仕事忙しくて会えないぐらいで怒るなよって話しだよ!)
その証拠に、もう別れてもいいや、って思ってる男に対して
女は謝らないでしょ?男は謝るけどね・・・
まぁこれは俺の個人的意見だけど、少なくても今まで俺が
つきあってきた女はそうだったよ、俺はもうこういうのは
女の特性だと思ってます



「1+1は」じゃないけど、100%自分が悪いってわかってても
謝らないもんね、謝らないばかりか
「私の気持ちわかってくれない人とはこれ以上一緒にいられない」
なんてことまで言い出すしまつ・・・
別れたいからわざとケンカふっかけてるようにしか思えないでしょ?
でも、女ってそうじゃない場合もあるんだよね・・・
こういうこと書くと、女の人はもうこのブログ見てくれなさそうだけどさ・・・
でもこれは俺の実体験ですから・・・あえて素直に書きます



悪い事しても、謝る気持ちも持てないようなバカの気持ちなんて
わかってあげようとも思いません!!!



幼稚園からやり直してきてください!!!
っていうか



やり直してこいボケ!!



国語算数理科社会も大事だと思うけどさ
人の気持ちを理解しようと努力する心ってやつを
一番教育してほしいですね・・・



でも男って、そういう女に弱いんだよね・・・

バカ男

小さい頃から周りの目気にしてばっかで
おもしろいこと言ってるつもりでも
聞いてる人にとっては全然おもしろくない
それでいて言ってる本人だけはすっごい笑ってる



しかもなぜかテレ笑い!



んで周りの人はかわいそうだから一応笑う(フリ)
ひきつりながらもね
それをウケてると本気でカン違いしてる
ちょっと小太りで自信過剰なバカっていませんでした?



大きくなっても同じ
成長がない、ただなぜか金は持ってる
一緒に飲みに行っても、おもしろくない
本人はおもしろいつもりで言ってるんだろうけど
(相変わらずテレ笑いしながら)
周りはひきつり笑い
でもなぜか一緒に飲む女はいる
それに女達はそいつのことを



「おもしろいよね~」とか


「いい人だよね~」とか言う



なぜか?



そういう場合、女は1人では行かない
その男も男友達?を連れてくるし
女も複数でくる



つまり2人っきりにはならない



2人っきりになったら何されるかわからないし
何もされないとしても、そいつがおもしろくないから!



そう



おごってくれるからなんだよね



おごってくれるから一緒に飲むのはいいよ~
でもつきあうのはかんべ~~ん!



っていう結末



いきつけの飲み屋でそういうやつがいてね
個人経営の飲み屋で、お客さん同士も
従業員もみんな仲良いんだけど



「おかしいよ、あんなのおかしいって絶対~、もう帰るよ~」
とか、なにかと理由つけては
従業員に言いに来る



うぜぇんだよてめーは!



てめぇがつまんね~のは勝手だよ!
一緒に飲みに来てる人達も
それ知ってて来てるんだろうから
連れにいくらそういうこと言っててもかまわね~けど



他の客のことも考えろ!
お前の専用店でもなけりゃ、お前と話をしに
飲みに来てるわけでもない
ましてやお前が俺達の酒代を出してくれるわけでもない



うるせぇからとっとと帰れ!
って何度言いそうになったか・・・



ところが



そういうやつをマジで


「良い人だよね~」


なぁんて言っちゃう女もいるわけだ


「ど、どこに目ついてんのお前?」


って聞きたくなっちゃうぐらいだけど
いるもんはいるんだからしょうがない



そういう女は例外なくバカ女なんだけど



よくよく考えてみると
そういうバカ男を相手にする
バカ女がいてくれるのがちょうどいいのかも



だって俺が良い女を狙ってる時に
バカ男のせいで邪魔されたりしたらマジブルーだし



んでしかも、万が一でも
そいつに俺が狙ってる良い女取られちゃったら
俺立ち直れないもん (T-T)



弾き語りで初めてもらったジュースを
母親に飲まれた時より落ち込むね、確実に



だからバカ女達よ
俺が良い女を安心して口説けるように
バカ男をしっかり受けとめておいてくれ





そして良い女カモ~~~~~ン!!(笑)



取られそうなんだけど(泣)

連絡

ほんっとに驚いた、ホントに
もうね、車で道を走ってる時にふと横を見たら
ちょうどコンビニから色っぽいマダム系の女の人
が出てきて目が合って、その時に「あれっ?あなたって・・・?」
みたいな顔をされて3秒ぐらい見つめあったあと
前を見たら前を走るトラックにぶつかりそうだった時ぐらい驚いた!



そんでそのまま仕事行ったら
仕事中にそのマダムの顔ばっかり浮かんできて
ロクに仕事にならないぐらい余韻が残ってる!みたいなね
まぁ実話なんですけど(笑)





嫌まぁ何にそんなに驚いたかっていうと
昔つきあってた彼女がね、もちろんつきあってる時の話だけど
携帯でメールなんぞをしてたわけですよ、メール!
向こうは仕事が朝からだから、まだ俺が寝てる時に



「仕事がんばってくるね~チュッ(はぁと)」

みたいなね、んで俺は



「がんばれよ~~!愛ちてまちゅ(はぁとはぁとはぁと)」

もう超ラブラブ・・・






んなわけね~~だろ!(笑)

先生ボクそんなメールしてみたくてたまりまちぇん!(本音)



そりゃまぁ普通のメールならいいんだけどさ
ある日、いつものように朝メールが入ったわけよ
当然こっちは「仕事がんばるメール」だと思って見たら

「旅行に行くんだ~」

ほう~そうなんだ、で、俺返信

「いつから行くの~?」






「これから行ってきます!」



これからかよっ!っておい!!
旅行って普通当日の朝に決まるもんじゃね~~~だろ?
宿泊場所の予約だってあるだろうし
何日も前から計画立てるもんじゃない?
俺が沖縄行く時だって、3月ぐらいからすでに
旅行会社の人に予約の連絡とかしてたぞ?



前から「なんで連絡取り合うって事ができないんだ?」
と思うことは結構あったんだけど
あまり言わないようにはしてた
でもいくらなんでも、旅行ぐらい決まった時点で普通言わね~~か?
俺アンタの彼氏よ、か・れ・し!



ってことで、頭きたから
「ふざけんなよお前!いくらなんでも旅行まで当日連絡のみか?
なんでもっと早く教えてくれないんだよ?」
なんて入れちまいました、そしたら





「ごめん。」



ごめんじゃね~だろ、しかも最後の。はなんだよ。は!(笑)



「そうじゃなくて、なんで教えてくれないの?」





「でもあたし、そういう人だよ」





ハウッ!





こっ、殺そうかな・・・






「そういう問題じゃないだろ?俺が連絡せずに勝手にしてたらどう思うよ?」





「もう、気持ちよく旅行に行かせてよ!
友達来たからもう返事できないから!」





ごふっ!!





マッ、マジで埋めようかなコイツ・・・





いやいやいや、本当に驚いたってのはこれじゃなくてね
この後なのよこの後!



急な展開で、いつもならまだ寝てる時間なのに
目はすっかり覚めちゃってるし
あまりにもやり場のない感情が渦巻いてて



今の出来事をついつい母親にグチっちゃったわけ



そしたらうちのマミー、平然とした顔で





「あんたたちまだ結婚してるわけじゃないんだから
そんなの当たり前でしょ」





なっ?なんと?今なんと?



何に驚いたかってこれには驚いた!
マジ?マジで?インド人もビックリだって!



「じゃあ結婚してたら俺には文句言う資格があるっていうわけ?」



「そりゃ結婚してたら、予定ぐらいちゃんとお互い教えるでしょうよ
どこで何してるかわからないっていうんじゃ変だし」





この馬鹿太もん~~~~~!!



結婚するまでは教え合わなかったヤツラが
結婚したら教え合うようになるっつーーのか?



それとも結婚するまではガマンして、結婚したら



「俺には知る権利があるんじゃゴラァ~~!」
とでも言えっつ~のか?



そんなことしてっから





「結婚前は良い人だったのに・・・」



とか言われちまうんだよ!



そりゃ慣れによってマンネリ化しちゃう部分もあるかもしれんけど
結婚前と結婚後にそんなに差が出ないほうがいいんじゃないの?





でも実際問題として、うちの母親のように思ってる人もいるわけだしな
どうすっかなぁ・・・





よし、決めたっ!こうしよう






状況によって、自分に都合の良いように使い分ける(笑)





愛をくれ・・・(爆)

ぬかるみ3

さて今回はさらに続きでぬかるみ3です


ついに車2台ともはまってしまい、どうにもならなくなってしまいました・・・
旦那さんも「はぁ・・・」って感じでしばしの沈黙・・・


このとき絶望でしたよ・・・もう1時過ぎてたし
次の日レンタルショップの仕事朝からあったし・・・


とりあえずどうしよう・・・歩いて彼女の家まで行こうかな・・・


と、その時です!!!
「ちょっと待ってね・・・もうあれしかねぇかぁ・・・」と旦那さん
家に向かって歩いて行きます・・・


???????????
???????????








もしかして、帰った???


と、思いきや家の玄関先で奥さんと何か話してます


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


どうしたんだろう??と黙って立ち尽くす俺と彼女・・・
すると、しばらくして電話を持ってこっちにきた旦那さん・・・


「俺の昔からの友達に修理屋やってる奴がいるんだ、そいつ呼ぶからちょっと待ってね」


旦那さん優しいです!最高です!!夜なのに後光見えちゃったよ俺!!!
帰っちゃったか?なんて疑った俺、最低です!
っていうか旦那さん本人の車もはまってるんだから、逃げるわけないよね・・・


しかも俺のせいでね・・・反省してます・・・本当に・・・


そして・・・
しばらくしてウインチつきのトラックで旦那さんの友達登場!!!


最初に道路に近い旦那さんの車を引っ張り出します
もうらくらく!!!
さっきまでの苦労は何だったんだ??ってぐらいスムーズです・・・


無事に旦那さんのワゴンを引っ張り出した後、俺の車にとりかかります
俺の車は軽なんで、さっきよりさらにらくらく!!!








もう本当に救われた気分でしたよ、ウインチ最高!!!

「ありがとうございます、助かりました、夜遅くにすいませんでした」と俺と彼女


「これで帰れるね!よかったね~~」と旦那さん


「今度からは気をつけてな~」と、友達の修理屋さん


心から感謝して、最後に
「本当にすいませんでした」と言おうとした俺に









「じゃぁ、1万でいいよ!!!」
と、修理屋・・・


金取んのかよ・・・


この人、旦那さんの友達としてきたんじゃなくて
個人的に修理屋としてきたわけだ・・・


旦那さん立場ねぇじゃん!!!


その証拠に旦那さん金受け取ってません!!
自分のワゴンもはまったのにだよ・・・


金とるなら、修理屋ならやるの当たり前じゃん!
ペコペコしてた俺達はなに???
旦那さん、あれだけがんばって努力してくれて、自分の車まで犠牲にしてくれたのに・・・


旦那さんに申し訳ない気持ちでいっぱいです・・・
こんな時間にあんなぬかるみに車とめてたわけも、一言も聞かれなかったし・・・


最後にしっかり旦那さんにお礼を言って、車に乗りこみました・・・
それから彼女を送り、なんとか家まで帰ったけど
家ついたときは明るかったよ・・・


一応少しは寝たけど、仕事つらかったぁ~~~!!!
自業自得だって・・・









車でイチャイチャする時は、場所を選びましょう・・・



今じゃその彼女、別の男と結婚したけどね・・・
カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
訪問者
↓ポチッとクリック↓