FC2ブログ

続・障害123



数日後
連休中に長女の模擬テストがあり
あまり集中力が続かない中
がんばってテストを受けてきた


そして週末
今年35回目の86回目の診察
今回は3人なので長女も同行
最初に次女が1人で入り
次に長女が1人で入ったが
俺はその間
相談員さんと別室で面談することになった


俺と相談員さんとの面談が
長くなり、長女と次女の診察が
その間に終わってしまい
今回は先生とは
待合室で少し話すだけで
時間が無くなってしまったが


2人への対応は
おおむね前回までと同じ
体調や食事
睡眠に気を付けながら
長女は学習室登校
次女は訪問学習を
続けていくことになった


俺は相談員さんと
長女と次女の今までと
現在の状況
俺の体調も含めて
様々なことを相談した


この日は、長女、次女共に
足りなくなった薬を追加してもらい
次回の予約を取り、診察を終える



スポンサーサイト

続・障害122



翌週半ば
再び
スクールカウンセラーの先生と
面談のために長女の中学校へ


前回からの経過と
長女の希望を話し
しばらくはスクールカウンセラーの
先生がいる日に登校し
学習室で勉強したあとに面談することになった


そして週末
今年34回目の85回目の診察
今回は3人なので長女も同行
最初に次女が1人で入り
次に長女が1人で入り
最後に3人で入って話をした


次女は
前回からの体調のこと
元妻との面会のこと
訪問学習の先生は好きなので
続けていきたいこと
などを話し


長女は
スクールカウンセラーの先生に
話したことや
心理士さんに話したことなどを
先生に改めて話し
スクールカウンセラーの先生が
いる日に、学習室を使って
勉強することにしたことを伝えた


俺は
2人の話の内容の確認と
次女の訪問学習以外の
登校についての詳細や
長女の今後の登校についての相談
2人の体調のことや家での様子
そして、俺自身の体調のことも相談した


先生は
長女次女共にしばらくは
今のやり方で様子を見ていくこと
好きな献立の時に
給食を食べに行くだけでも
きっかけとしては良いことなので
好きな献立の時は給食だけでも
食べに行っていいんだよと
あらためて言ってくれた


先生は俺の体調についても触れ
今のお父さんは心身ともに
疲れている状態なので
倒れてしまうまでがんばらずに
なるべく休んでください
とのこと


そう言われても
心身ともに休める日などないのだが...


この日は
長女次女ともに薬が足りていたので
次回の予約を取り、診察を終える



続・障害121



数日後
長女の高校説明会に
また別の学校へ
集団説明会だと思ったら
個人面談のような形で説明してもらい
校内も一通り案内してもらえた


翌週
夏休みも終わり
次女は
病院の先生と話してたように
登校を見合わせ
長女は登校していったが
帰宅後、負担が大きく
無理かもしれないと訴えてきたため
週半ばにあるスクールカウンセラーの先生との
面談でよく相談して今後のことを決めようと話す


そして週半ば
スクールカウンセラーの先生と面談
長女は、最初は先生の話を黙って聞いていたが
長女の気持ちや体調を問われると
夏休み前に学校を休んだ時と同じぐらい体調も悪く
普通にクラスに登校するのが辛いと話し
翌日担任に相談することになった







翌日
今年33回目の84回目の診察
この日は長女は午後から
心理士さんとカウンセリングのため
次女と2人
最初に次女が1人で入り
次に俺も入って話をした


次女は
前回からの体調のこと
訪問学習の先生は好きなので
訪問学習には出ていること
終わらなかった宿題は少しづつ
進めていることなどを話し


俺は
次女の話の確認と
学校はしばらくは訪問学習で様子を見ること
睡眠に関してなど家での様子なども話し
長女の状況も合わせて話した


先生は
次女に関しては
訪問学習はできてるので
まずは訪問で様子を見ること
ご飯をちゃんと食べて睡眠もとること


長女に関しては
午後に心理士さんとの
カウンセリングがあるので
その時に今の状況を詳しく話すこと
翌週の診察の時に
先生も長女本人から
ちゃんと話を聞くので
それまでは無理に登校
させないほうがいいですね
とのこと


一度家に帰り
長女の帰宅を待って
再びカウンセリングのために病院へ
長女は、スクールカウンセラーの
先生に話したように
心理士さんにも今の状況を話し
やはり、無理して登校しないほうが
良いですねと言われたとのこと


この日は、長女、次女共に
足りなくなった薬を追加してもらい
次回の予約を取り、診察を終える








続・障害120



翌週に入り
夏休みが終わりに近づくにつれ
予想していた通り
次女が、学校が始まってからの事を
考えてしまうようになり
元気がなくなることが多くなってきた


俺は次女に
新学期の前にもう一度診察があるから
今の気持ちをそのまま病院の先生に
話してごらんと言うと
次女は、うん、話してみると
言っていた



広告




そして週末
今年32回目の83回目の診察
今回は3人なので長女も同行
最初に次女が1人で入り
次に長女が1人で入り
最後に3人で入って話をした


次女は
夏休みが終わりに近づくにつれ
学校のことを考えてしまうこと
宿題がまだ終わってないので
それも悩んでいること
考えると元気が出なくて
泣いてしまうこともあることなどを話し


長女は
学校には行こうと思っているが
不眠や低血圧の症状は変わらないことや
高校の体験学習に行き
少しづつ進路のことも考えていること
などを話した


俺は
次女が予想してた通り
元気がなくなり
学校には無理して行かせないように
思っていること
宿題も、必ずしも全部終わらせる
必要もないと思ってること
長女に関しては
夏休み前よりは体調も良く
本人が登校できると言っているので
様子を見ながら登校させようと
思っていることなどを話した


先生は
長女に関しては
症状は様子を見ながらにしても
登校できるようならそのほうが良いこと
進路に関しても、高校見学に行けていることは
良いことと喜んでくれた


次女に関しては
学校に行きたくないとずっと言っていて
診察の途中でも泣き出してしまうぐらいだったので
お父さんの言ってるように
ここまで嫌がっている状態なので
様子を見ながら
無理には行かせないほうがいい
宿題も、もう少しだけ残っているが
できる範囲でいいと思います
訪問学習の先生は好きで
受けられると言っているので
そちらを中心に進めていきましょう
とのこと


この日は
長女次女ともに薬が足りていたので
次回の予約を取り、診察を終える



これはかなり使える↓






続・障害119



翌週
週半ば
児童相談所にて
長女は3回目
次女は5回目の心理士さんとの
カウンセリング


2人はそれぞれの心理士さんと別室へ
俺は家族担当の職員と
俺自身の状況も含めて
前回からの経緯や
夏休みが終わってからのことなど
いろいろなことを話した


次女は、カウンセリングと
プレイセラピーのような
軽い運動のようなものを
遊び感覚も含めて受けてきた


長女は、今回は知能テストのような
ものを受けてもらうので
少し時間がかかるということだったのだが
その言葉通り
俺や次女の面談が終わっても長女はまだ終わらず
終わるまでしばらく次女と待合室で待っていた


週末
今週は病院の担当の先生が休みで
診察がないため
長女の高校体験学習に2日連続で参加
暑い中での説明会や体験だったので
長女はもちろん、つきそいの俺や
次女もかなり大変だったのだが
それぞれの学校で趣向も雰囲気も違い
実際に学校に行って体感することができて
長女には良い体験だったと思う


あまりにも暑かったので
次女の要望で
帰りがけにミニストップに寄って
雪梨パフェを食べて帰ってきました



Author by マルコ / 全記事一覧 / 次のページ / ページトップ
Designed by マンゴスチンw /